リサイタルを終えて

news_20130702

初めて僕の演奏を聴きに来て下さった見知らぬ方々も含めて、沢山の方々のご支援や、来たくても来れなかった方々の想いも胸に
支えられてのリサイタルでした。本当にありがとうございました!!

後半のショパンのスケルツォ全4曲を中心に、ショパンが敬愛してやまなかったモーツァルト、ショパンの作品のスタイルとは異なっていたものの、互いに尊敬し合っていた友人のメンデルスゾーン、そしてショパンから多大なる影響を受けていたスクリャービン。

時代や地域、作風も異なる4人ですが、全員が優れたピアニストでもあり、そして短い生涯の中、共通する詩人の歌心を持ち合わせていました。そうした意味でも、プログラムの統一感を生み出せたかなぁと思います。

かなり手応えのあるプログラムででしたが、すみだトリフォニーの自然な響きの中で、気持ちよく弾くことができました。反省点も多々ありますが、多くの励ましのお言葉を支えに、決意を新たに今後も頑張ります。。

Leave us a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>